PICASSO’s diary @france

仕事辞めてフランス住んでみた(継続中)

予定していた語学学校が閉校に

 

あとは出国日を待つだけ(^^)

 

という安心感でいっぱいの毎日にエージェントからの重要メール

 

【今回重要なお知らせがありご連絡しております。
本日パリラングより、パリラングが今年の12月中旬で閉校することに決定されたと連絡がありました。詳しい理由はわかりませんが、パリラング校長と直接電話で話をし、確認しております。】

 

え?

 

もう3ヶ月分の費用振り込んだよ

約50万だよ

 

なんか聞いたことあるよ

日本であったよね

駅前留学英会話でそんなことあったよね

え?

ほんとに?そんなことある??

 

旅にトラブルがつきものなのは理解しているけど

まさかまだ出国もしてないのに!

 

【すでにワーホリビザを取得され、11月28日からパリラング受講開始予定だと存じます。11月28日の時点ではまだ学校は開いていますが、予定通り3月3日までの受講は不可能であり、パリラング側も閉校作業で混乱していることから、今回の登録、滞在手配ともにキャンセルをすすめられました。当然、支払い済み費用は返金請求いたしますし、問題なく返金される予定です。(これは現在弊社が裁判所に連絡して手続きを代行しています)】

 

ま、返金されるならいいんだけど

フランス人の仕事のやる気のなさからいくと

いつになるかわからないし

 

とりあえず他の語学学校探さないと

ホームステイ先もキャンセルなるし

住む場所がない…

 

…なんとかなるかな

 

うん、出国前でよかった

ネット環境あるうちで

1日中調べられるんだから

 

ここにきてなんとゆう奇跡トラブル

帰国後の笑い話がすでにひとつできたと自分に言い聞かせる本日

 

f:id:PICASSO:20161114131518j:plain