PICASSO’s diary @france

仕事辞めてフランス住んでみた(継続中)

パリのお引っ越し事情

 

パリの家はご存知の通り古い建物ばかり

 

エレベーターが後付けしてあるところもあれば

そうでないところもたくさん

 

今わたしが借りてる家もエレベーターなし5階

 

しかもこっちは螺旋階段なので部屋に着く頃には目がまわってる(`・ω・´)くるくる

 

 

 

ちなみにこっちの金持ちは下に住んでて

上に行くほど家賃は安いのです

 

そこは日本と逆だから

景色が良くて見渡せる最上階が一番安い

 

え、それいいじゃん!

 

 

 

と思うところですがそれなりの理由はありまして

 

 

f:id:PICASSO:20170130221000j:plain

これね、これ

 

f:id:PICASSO:20170130224904j:plain

窓から大きな荷物を出し入れするんですが

 

 

頼りないとゆうか

この下は絶対に歩いちゃダメ!

よく落ちてくるから!みたいな

 

日本でもエレベーターに入らない荷物は窓から出し入れすることあるけど、そこはやっぱりJAPANクオリティーなわけで傷つかないように保護して丁寧にやってくれるわけで

 

 

こっちで見てると

雑だな、大丈夫かな、って感じで運んでる

 

 

螺旋階段で荷物運ぶの大変だから窓の方が便利なんだろうけど(後付けのエレベーターも1人や2人しか乗れない狭さなので)

 

もし自分が住むならできる限り階段で運んでほしいと頼みたいかな

 

 

 

でもそのおかげで家具付き物件が多いのかなと思う(出し入れ面倒だから)

 

それはすごい助かってて

日常生活に必要なものが揃った状態で借りれるから入居当日から生活できる

 

 

 

 

日本だとカーテンにベットにソファーに冷蔵庫に洗濯機に…と引越しのたびにお金かかるし大変

 

ちなみに日本で家電を中古で引き取ってくれるのは購入日から6年以内でそれ以降のは逆に捨てるのにもお金かかる(京都に7年住んでたので引越しのとき衝撃だった、引越し業者はハート引越しセンターがお気に入り)

 

 

 

 

話はパリに戻ってそんなだから屋根裏部屋とか一人暮らしにちょうどいい価格設定になってるので短期滞在に最適(`・ω・´)住める!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ