読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PICASSO’s diary @france

仕事辞めてフランス住んでみた(継続中)

国立ピカソ美術館@ヴァロリス

 

f:id:PICASSO:20170325024055j:plain

http://musees-nationaux-alpesmaritimes.fr/picasso/

 

 

大好きなピカソに逢いにヴァロリスへ

 

ヴァロリスへは黄色の200番カンヌ方面に乗りpole d'echange Antibes下車

ピンクのenvibusに乗り換え

 

f:id:PICASSO:20170327212349j:plain 

http://www.envibus.fr/resultats-de-recherche.html?q=


写真の通りQuai10

8番のdirection villa chretien 方面行きに乗りplace de la liberationで下車

 

ネットで調べてもなかなか情報がなくて乗り換えが心配だったけど

pole d'echange Antibesは新設されたようで分かりやすかった

 

黄色いバスと同じく運転手からチケットを購入

どこで降りてもこちらは1€

f:id:PICASSO:20170327212522j:plain


近くにガチャンとするところがあるので

そこにガチャンと挿入



乗り換えて一安心してバスに揺られていると

途中でまさかのエンスト

 

20分くらい閉じ込められてたけど乗客みんな慌てることなく普通にしてたので隣のおじちゃんに大丈夫なの?と聞くと笑いながら俺は分からないよ運転手の問題だからと(´・ω・`)まぁそうなんだけどさ

みんな降りる?と聞くとまた笑いながら大丈夫、大丈夫って、られから10分くらい運転手頑張ってて直ったらしく出発

 

ね?大丈夫でしょ?とおじちゃん笑顔

 

それからヴァロリスのピカソ美術館に行くと伝えると俺ヴァロリス出身でずっと住んでるから案内するよと

私が怪しんでいるのに気づいたのか、大丈夫、俺の目を見てと

それから美術館の最寄りで一緒に降りてくれて

 

 

ここがヴァロリス俺の町(的な感じだった)

ピカソも愛した町でとても小さいから30分あれば見て回れるよとこれを指しながら説明してくれる

f:id:PICASSO:20170327212740j:plain

 

美術館はひとりで観たいからとお礼とお別れを告げると手紙を書くから日本の住所を教えてくれと(´・ω・`)え、メールは?持ってないとのことでお互いの住所を交換、ちょっと心配だけど日本まで来ることもないだろうし、帰ってから手紙書くのもありだなあと思ったり

 

 

とゆうことでついに国立ピカソ美術館@ヴァロリス

f:id:PICASSO:20170325024840j:plain

国立ピカソ美術館 | フランス観光 公式サイト

 

なんてイケメン(´・ω・`)

ヴァロリスは陶器が有名な町

ピカソはここで陶器を使った作品作りに没頭する

 

ピカソが愛したフクロウをモデルにした陶器がとても可愛かった

礼拝堂の壁を独り占め、じっくり浸ってピカソのエネルギーを吸収

 

 

美術館を出てすぐの広場に ”羊を抱く男”

f:id:PICASSO:20170327212836j:plain

 

 

本当に小さい町なのですぐ見て回れちゃいます

 

とゆうことでピンクのバスで来た道を戻ってアンティーブ(`・ω・´)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ